ひたすらなるつばがり。社会福祉法人、滋賀県社会福祉協議会

ひたすらなるつばがり。社会福祉法人、滋賀県社会福祉協議会

お知らせ

第40回滋賀県社会福祉学会のご案内2022年1月7日

学会テーマ 

40年を振り返る 滋賀ならではの福祉の価値 それを生み出す現場力』

 

1 趣 旨

滋賀県社会福祉学会は、昭和 58 年よりスタートし、県内の様々な分野の方々に参画いただきながら、滋賀ならではの社会福祉の実践や不断(普段)の研究を共有し学び続ける場として創り上げてきました。

40周年となる今回の学会では、未来へとつながる現場での“実践”を、より多くの方に知っていただくことを目的として、「研究発表」に加え、「実践報告」の場も設けています。

また、滋賀ならではの福祉の価値を生み出してきた“滋賀の福祉人”の現場力を共有し、誰もが暮らしやすい未来の福祉実践の創造へつなげる場として開催します。オンライン配信もいたしますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。詳細はこちらをご覧ください。

2 主 催

滋賀県社会福祉学会

(事務局:滋賀の縁創造実践センター 社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会)

3 日 時

令和4年(2022年)2月22日(火) 

9:30~16:00 (9:00受付)

4 会 場

滋賀県立長寿社会福祉センター 

(滋賀県草津市笠山7丁目8138)

※オンライン参加者は、上記センターより配信する動画を各職場やご自宅でのご視聴となります。

5 日 程

 9:00  9:30    受付

 9:30 ~ 9:45    開会式

 9:45 ~ 9:50   オリエンテーション(各分科会)

    ※分科会により終了時間が異なります。

 9:50 ~ 12:50   自由研究発表・実践報告

   昼食休憩

 13:30 ~ 15:35   

  シンポジウム/第3回ひたすらなるつながりフォーラム

 15:35  16:00   閉会式(奨励賞発表)

6 参加対象 

社会福祉従事者、医療・保健関係者、教育関係者、SDGs・社会貢献に関心のある企業・団体関係者、ボランティア、地域福祉活動実践者、学生、福祉に関心のある人

参加費(資料冊子代)

一般参加者・発表参加者                … 1,000円  

大学・短大・専門学校等学生、高校生以下  … 無 料

 会場参加者は、当日受付にてお支払いください。

※オンライン参加者は、お申込み後に、別途、事務局から振込先等をご案内いたします。なお、振込手数料は、参加者負担となりますのでご了承ください。

※新型コロナウイルス感染症の流行状況により急遽中止となった場合は、事前に振り込んでいただいているオンライン参加者には、参加費をご返還いたします。ただし、当日、参加者のご都合により不参加となった場合においては、ご返金はいたしません。

8 定員 

会場参加 200名 / オンライン参加(ZOOMでの参加) 100名

午前中の自由研究発表・実践報告は第1分科会と第2分科会のみオンライン配信をいたします。

  申込方法

・新型コロナウイルス感染症等の対策のため事前申込制とします。

・参加申し込みは、以下のいずれかの方法でお願いします。

①別紙「一般参加申込書」に必要事項をご記入のうえ、

 FAX(077-567-5160)に送信してください。

②申込書をダウンロードいただき、

メールで shiga-gakkai@shigashakyo.jp へ送付してください。        

申込書 PDF word

・会場参加の場合、健康観察票を上記ホームページよりダウンロードいただき、必要事項を予め ご記入のうえ、当日、受付にご提出ください。

 10 参加申込締切    

令和4年2月14日(月)

※定員に達した場合は、締め切り期日前でも募集を終了いたします。(事前申込必須)

<会場参加の方>

・後日お知らせする「開催案内」または当日お配りする「学会要旨集」をご覧のうえ、各自が聞きたいと思う発表に自由に参加することができます。

・分科会間の移動は自由です。ただし、発表中の移動はご遠慮ください。

・新型コロナウイルス感染防止のため、各会場での入場制限を設けております。会場が定員になりましたら、他分科会へのご参加にご協力をお願いいたします。

<オンライン参加の方>

・後日お知らせする「開催案内」または事前にお送りする「学会要旨集」をご覧のうえ、第1分科会か第2分科会のうち、各自が聞きたいと思う発表に参加することができます。

・開催日までにURLをご指定のメールアドレスにお送りします。

・各自がインターネットから分科会を選択いただきご視聴ください。ただし、発表中の移動はご遠慮ください。

11 手話通訳等

・シンポジウムについては、手話通訳、要約筆記を配置いたします。

・自由研究発表・実践報告の時間帯(分科会)において、手話通訳、要約筆記等をご希望の場合は、申込み時にその旨をご記入ください。

12 昼食 

各自でご用意ください。(指定の場所での昼食となります。)

13 滋賀県社会福祉学会における感染対策について

消毒、換気の徹底(各会場前に消毒液の設置・会場の定期的な消毒・換気) 

参加者同士の距離の確保(仕切りや間隔を空けた配置・混雑防止のための入場制限)

来場者の検温・消毒・手洗い・マスク(不織布)着用の協力の徹底

 なお、体温が37.5℃以上あるなど体調が優れない方には、参加をご遠慮いただきます。

※今後の新型コロナウイルス感染症の流行状況により、急遽中止となる場合もございますので、ご了承ください。その際は、滋賀県社会福祉協議会ホームページにてお知らせいたします。

 

 

◆自由研究発表・実践報告(9:50~12:50)

自由研究発表は、社会福祉関係者が日頃から行っている活動や他に先駆けて実施している取り組みなど実践を通して得た発見や示唆を発表し、関係者みんなで学び・励まし合う貴重な場です。

また、今年度は、40回の特別企画として実践報告もあります。

この場で発表・検討されたことがお互いの活動意欲と実践を高め、滋賀の社会福祉向上につながればと思います。

発表時間   

1題につき、発表15分 質疑応答7分  計22分

2) 自由研究発表・実践報告(分科会)分野及び題数    31題

 分科会1   高齢者福祉① (オンライン配信あり)  …5

 分科会2   高齢者福祉②/地域福祉① (オンライン配信あり)  …5

 分科会3   障害者福祉①  …5

 分科会4   障害者福祉②  …4

 分科会5   子ども・若者①  …6

 分科会6   地域福祉②/子ども・若者②  …6

 

◆学会シンポジウム

第3回ひたすらなるつながりフォーラム(13:30~15:35)

40年を振り返る 滋賀ならではの福祉の価値 それを生み出す現場力』

滋賀県には、実践のなかから生まれ、制度化された「滋賀ならではの先駆的な事業」が数々あります。

今回は、その事業が制度化されるまでにどのようなエピソードがあったのか、実施しようとしたきっかけや動機、また、制度化に向けた関係者等への呼びかけや働きかけなど、実践者の現場力から生み出される「福祉の価値」について共有し、誰もが暮らしやすい未来の福祉実践の創造へとつなげる場として開催します。

 

<シンポジスト>

角野 晃子さん 

 (社会福祉法人グロー(GLOW) オープンスペースれがーとエリア総合施設長) 

  辻󠄀 亨さん  

 (社会福祉法人さざなみ学園 園長) 

野々村 光子さん  

 (社会福祉法人わたむきの里福祉会 東近江圏域働き・暮らし応援センター“Tekito-” センター長)

<コーディネーター>

渡邉 光春  (社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会 会長) 

 

 

◆閉会式(15:35~16:00)

  学会奨励賞発表

©2019 社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会

上にもどる