ひたすらなるつばがり。社会福祉法人、滋賀県社会福祉協議会

ひたすらなるつばがり。社会福祉法人、滋賀県社会福祉協議会

お知らせ

縁・支え合いの県民運動 令和3年度 えにしの日・えにし週間の実施について2022年1月6日

【えにしの日とは?】
滋賀の縁創造実践センター滋賀県社会福祉協議会、滋賀県災害時要配慮者支援ネットワーク会議、滋賀県は、災害時に命を守るのは日頃からの地域のつながりであり、支え合えるコミュニティがいかに大切であるかを県下一人ひとりが考え、話し合い、心に刻む日にしたいとの思いから、東日本大震災が発生した3月11 日を「えにしの日」と定めました。

また、えにしの日を含む前後一週間(3/4~3/18)を「えにし週間」として、災害時に支援を必要とする人の側に立った訓練や学習会等の取組みを、県民運動として広げていきたいと考えています。

趣旨に賛同いただき、ともに取り組んでいただける方は、下記の「実施計画書」に必要事項をご記入いただき、2月25日(金)までに滋賀県社会福祉協議会までご提出ください。

【実施期間】
令和4年3月4日(金)~3月18 日(金)
※上記実施期間中の取組みが難しい場合でも、運動に賛同いただける取組みは積極的に報告いただけると幸いです。(3月中を目安としてください。

【令和3年度の重点取組み】
①個別避難計画を活用した訓練・学習会
②コロナ禍における災害対策
③子どもの防災教育
★重点取組みにかかる経費について上限1万円の助成があります。

【チラシ】R3えにしの日・えにし週間のサムネイル 

実施要領(PDF

実施計画書(Word

 

【提出・問合せ先】
滋賀の縁創造実践センター
社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会
地域福祉部門 縁企画・改革グループ
電話 077-567-3924 FAX 077-567-5160
E-Mail yasutake-k@shigashakyo.or.jp

お知らせ記事
年別アーカイブ
カテゴリー

©2019 社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会

上にもどる