ひたすらなるつながり 社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会 滋賀の縁創造実践センター

運営適正化委員会

運営適正化委員会は、福祉サービスについての苦情を適切に解決するため、社会福祉法の第83条に基づき、全国の都道府県社会福祉協議会に設置されている委員会です。委員会では、福祉サービスの苦情について、相談を受け付け、解決に向けて助言や調査、あっせんなどをおこないます。
また、福祉サービス提供事業者の方向けに苦情への対応や解決に向けての情報提供もおこなっています。福祉サービス提供事業者の方はこちらをご覧ください。

福祉サービス利用者の方へ

福祉サービスを利用してみたら、はじめの話と違っていたり、思ってもみなかった扱いを受けたりして、困ったことはありませんか?苦情を言いたくても直接言えない雰囲気であったり、話を聞いてくれなかったり。思い切って苦情を言ったら、かえって嫌な思いをしたなんてことも…。そんな時は「滋賀県運営適正化委員会(あんしん・なっとく委員会)」にご相談ください。

滋賀県運営適正化委員会(あんしん・なっとく委員会)

☎︎tel.077-567-4107 (月~金9:00~17:00 土日祝日除く)
fax.077-561-3061 c-ansin@mx.biwa.ne.jp

〒525-0072 滋賀県草津市笠山7丁目8-138 (県立長寿社会福祉センター内)

〈よくある質問〉
Q1 どんな福祉サービスの相談ができますか?
子ども、障害者、高齢者などの福祉サービスについての相談をお受けします。なお、介護保険サービスについてのご相談は、滋賀県国民健康保険団体連合会(国保連)においても受け付けています。(国保連 相談専用電話番号:077-510-6605)
Q2 誰が相談できますか?
サービスを利用している本人、家族、本人の代理人が相談することができます。また、本人の様子をよく知っている民生委員児童委員や関係職員等も相談することができます。
Q3 苦情を聞いてくれるだけですか?
委員会には、相談担当の職員がいて、まず相談内容をお聞きします。そして、相談者の意向を確かめたうえで委員会で検討し、解決に向けた助言、事情調査、話し合いによる解決のあっせんを行います。また、虐待や法令違反の疑いがある場合は、県に通知し、行政による調査・指導・監督を求めます。
Q4 どんな人が委員になっているのですか?
弁護士、医師、大学教員、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉師が委員となっています。
Q5 名前を言わなくても相談できますか?
相談できます。ただし、事業者に対して、事情調査を行ったり、助言や改善の申し入れを行うことが難しい場合があります。

〈関連資料〉

上にもどる