ひたすらなるつばがり。社会福祉法人、滋賀県社会福祉協議会

ひたすらなるつばがり。社会福祉法人、滋賀県社会福祉協議会

つながる滋賀の縁

誰もが地域で家族と暮らせるように人と人をつなぐ

  • 小林 千鶴 さん/相談支援専門員・管理者〔左〕

    社会福祉法人 くすのき会 相談事業所くすのき(2019年時点)

  • 廣瀬 由希 さん/相談支援員・社会福祉士〔右〕

    社会福祉法人 青い鳥会 相談事業所彦根学園(2019年時点)

家族の負担をなくして重度障害児者に1回でも多く入浴を

廣瀬さん、小林さんはそれぞれ湖東と東近江圏域の計画相談や障害児相談を担う相談支援事業所で相談支援員(※1)として働いています。相談支援を受ける中で障害のある方が在宅で暮らす際に最も家族の負担となるのが「入浴」です。特に人工呼吸器などが必要な重度障害児者の入浴は、家族に大変な負担がかかります。

※1 相談支援員

日常生活の支援を必要とする障害者やその家族に対し、窓口による相談や家庭訪問による相談を行う

※2 訪問入浴サービス

専門スタッフ3名(ヘルパー2名と看護師1名)が移動入浴車で浴槽を自宅に持ち込んで入浴介助を行うサービス

※3 機械浴

ストレッチャーを利用して仰向けに寝たままや座ったままの姿勢で入浴できるなど特殊な機械を用いて入浴する方法

小林 千鶴 さん

人物のプロフィールが入ることがあります。人物のプロフィールが入ることがあります。

廣瀬 由希 さん

人物のプロフィールが入ることがあります。人物のプロフィールが入ることがあります。

〈えにし図書館 関連刊行物〉
この記事はこちらの刊行物にも掲載されています。

©2019 社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会

上にもどる