ホーム アクセス お問い合わせ 個人情報の取り扱い サイトマップ
大きくする 元に戻す  

◆滋賀県社会福祉協議会発行の資料
滋賀社会福祉研究
「滋賀社会福祉研究」とは、滋賀県に関する社会福祉関係者が行う実践、研究成果の論述発表の場として1998年に創刊しました。「滋賀社会福祉研究」は、「滋賀県社会福祉学会」と車の両輪として、滋賀県の社会福祉の向上を目指しています。
号数(年度) 内   容
第4号
(2002年)

A4用紙
102頁
〔巻頭言〕
介護の現場で働く一人の女性として 滋賀県介護福祉士会 副会長: 小林 嘉代子
〔論文〕
糸賀福祉思想と重症心身障害児(者)福祉
-21世紀を迎えた今日的課題と重症児(者)福祉の基底-
第二びわこ学園: 遠藤 六朗
ソーシャルワーク展開と我が国の土壌
-ソーシャルワーク研究への序章として-
龍谷大学大学院社会学研究科: 樋口 淳一郎
福祉NPOの問題解決プロジェクトに関する考察
-PCM手法を用いた計画から評価までの過程-
関西学院大学大学院社会学研究科: 加藤 弾
〔自由研究ノート〕
入浴偏重のサービスへのアンチテーゼ ヴォーリズ老健センター: 稲葉 光太郎
小学校の余裕教室を活用した『ふれあい福祉サロン』の運営について2 大津市藤尾学区社会福祉協議会: 竹内 正
障害のある人たちの仕事おこしと設備の充実へ
-永続性のあるチャリティの社会的展開をめざしてNPO法による法人設立の意味-
草津市老上民生委員児童委員: 物部 夫美子
自分で未来を掴み取るために
-家庭に問題を抱える子どもへの援助に関する一考察-
滋賀県立近江学園: 吉田 巧
保護者が付き添えない幼児を受け入れたB病院でのとりくみ 滋賀県中央子ども家庭相談センター: 沖村 舞葉
学童保育施設の居住環境を考える 滋賀県立大学: 宮本 雅子
やさしさを育むボランティア活動
-第4学年での実践-
近江町立坂田小学校: 西秋 英子
なぜボランティアを受け入れるのか
-特別養護老人ホーム淡海荘の実践-
特別養護老人ホーム淡海荘: 口村 淳
〔私の提言〕
高齢者の健康増進体制の充実を 守山市立守山女子高等学校: 中西 順子
精神障害者へのホームヘルプサービス こなんSSNユーザー: 一同
病弱の子どもたちにも豊かな教育を 滋賀県立守山養護学校大津分校: 藤方 公
〔書評〕
京極高宣著
『この子らを世の光に-糸賀一雄の思想と生涯-』
滋賀県社会福祉協議会: 嶋川 尚
平田厚著
『これからの権利擁護-「対話」「信頼」「寛容」を築く-』
龍谷大学大学院社会学研究科: 松田 幸恵
〔第19回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
適温食事サービスが効果する誤嚥予防
-カフェテリア・ダイニングからの健康管理-
特別養護老人ホームふじの里: 森本 貞子
 ふじの里看護チーム
パーキンソン病患者へ友の会が果たす役割について検討 大津健康福祉センター: 山本 容子
騒々しさ・自傷などAさんの問題行動の背景の分析と生活の援助について 知的障害者更生施設かいぜ寮: 山田 優子
藤澤 康子
小川 勝見
戸島 満由美
吉田 千畝
即興演奏から生まれたコミュニケーションの広がり
-障害児放課後活動における音楽療法-
元気玉クラブ: 井澤 泰子
河埜 ひとみ
市原 幸子
福祉科高校生と福祉科高校生の介護意識について 龍谷大学大学院社会学研究科: 高橋 佳代
津崎 哲
滋賀県立長浜高校: 杉澤 和雄
号数(年度) 内   容
第5号
(2003年)

A4用紙
113頁
〔巻頭言〕
支援科学としてのソーシャルワーク 龍谷大学・大阪府立大学: 太田 義弘
〔論文〕
地域福祉権利擁護事業における社会福祉協議会の役割 滋賀県社会福祉協議会: 佐藤 伸隆
高齢者の自己決定支援に関する一考察 大津市福祉保健部・同志社大学大学院: 近澤 貴徳
介護職のストレス・ジレンマに関する検討 龍谷大学: 山辺 朗子
滋賀文化短期大学: 山田 容
短期入所における相談員の役割
-入所アセスメントを中心に-<
淡海荘: 口村 淳
「遊びの集団力学」 淡海学園: 岩本 健一
〔コラム〕
エスキャップが残したもの 滋賀県脊髄損傷者協会: 岡本 幸助
〔自由研究ノート〕
知的障害を持つ児童の障害認知について
-自立を目指す支援の一環として-
近江学園: 湯ノ口 恵理子
谷村 まさみ
吉田 巧
通所リハビリテーションのレーゾンデートル ヴォーリズ老健センター: 稲葉 光太郎
自分で未来を掴みとるために2
-家庭に課題を抱える子どもへの支援に関する一考察-
近江学園: 吉田 巧
『この子らを世の光に』考
-『この子らを世の光に』への新たな社会構想試論-
びわこ学園: 近藤 六朗
被虐待児童の就労後のアフターケアからの一考察 近江学園: 谷村 まさみ
障害者福祉対策と当事者団体の取り組み 龍谷大学大学院: 船本 淑恵
福祉レクレーションの発想練習帳―3(実践報告) 稲葉 光則
社会福祉士の本質について考察 龍谷大学大学院: 樋口 淳一郎
〔私の提言〕
最高の時期と一番大事なこと 栗東市社会福祉協議会: 蜂谷 悟
単位民児協広報紙は民児協の活動推進の基礎 安曇川町民生委員児童委員協議会: 岡島 宇平
関 宗平
山本 昇子
小川 賀世子
渕田 隆雄
シルバー人材センターの介護支援事業の取り組みについて びわ町シルバー人材センター: 中川 澄夫
〔第20回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
虐待を受けた利用者の心の傷のいやしについて 近江学園: 鹿井 多恵子
谷口 奈歩
岡本 裕子
中島 陽子
山口 桂子
上中前 友美
大林 良里子
久住 了子
三木 美智代
木村 誠悟
穴迫 智史
障害のある子ども達の豊かな放課後をめざして 石部町ボランティアサークル"ハロウィン":
藤方 公
子ども虐待予防の取り組み
-母と子の『ほっと・スペース』を実践して-
東近江地域子育て支援調整会議: 宮下 久美
堀井 康江
佐野 幸代
久保 宏子
長谷部 みさ
バリアフリーそばづくりから福祉のまちづくりへ ボランティアふれあいパーク: 杉田 光
職員への腰痛対策のこころみ 老人保健施設寿々はうす: 谷口 石泉
草野 文嗣
小池 陽子
佐藤 陽子
号数(年度) 内   容
第6号
(2004年)

A4用紙
103頁
〔巻頭言〕
『おさなご』と共に31年 滋賀県保育協議会 会長: 静永 進瑞
〔論文〕
重症心身障害児(者)福祉と『共感』の再生に向けて
-糸賀福祉思想の基底にある『共感』の新たな展開へ-
びわこ学園障害者支援センター: 遠藤 六朗
クライアントの日常生活上の問題点の解決を目的にした音楽療法による、明白な音楽療法治療効果に関する研究 身体障害者療護ホーム清湖園: 岡本 仁司
高齢者介護施設における運営管理
-滋賀県内の特養施設を事例として-
滋賀県立大学大学院: 龔玉 齢
〔自由研究ノート〕
高齢者の看取り~安らかに最期を迎えるために~
看護師の立場から
特別養護老人ホーム近江第二ふるさと園:
川村 まち子
生活福祉資金貸付制度についての一考察
-介護・療養資金貸付相談の事例検討を通して-
佛教大学 福祉教育開発センター: 佐藤 順子
家庭内高齢者虐待問題を捉える基本視点 聖泉大学短期大学部介護福祉学科: 李 相済
個別リハビリテーションの呪縛 ヴォーリズ老健センター: 稲葉 光太郎
地域福祉計画の策定推進に関する一考察
-地域福祉計画法制化の意義の明確化を中心に-
同志社大学大学院総合政策科学研究科:
近澤 貴徳
住みよい地域づくりを目指して」
-小さな村の挑戦・コミュニティづくり-
花原 信昭
知的障害を有する被虐待児童へのアプローチ
-A君の7年間の経過から-
滋賀県立近江学園: 谷村 まさみ
Bくんの行動障害改善に向けた取り組みについて
-TEACCHプログラムを活用した余暇活動の工夫-
滋賀県立近江学園: 森本 創
知的障害があり被虐待経験を持つ児童への視覚支援とそれに基づいた受容による心の癒しについて 滋賀県立近江学園: 粂田 憲治
〔私の提言〕
研究発表からもたらされた成果について 栗東在宅介護支援センター: 山室 賀子
がんばらない介護のススメ 花原 信昭
高齢者等にもやさしい湖都『大津』 横山 泰介
〔書評〕
小澤勲著『痴呆を生きるということ』 呆け老人をかかえる家族の会滋賀県支部:
田中 健一
〔第21回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
転倒報告書の分析から得たもの
-転倒予防チェックリストの活用と業務の見直し-
介護老人保健施設 坂田メディケアセンター:
北野 富美代
山本 博仁
野口 千代美
辻井 由聡
横田 弘子
寺脇 孝純
大島 知恵子
中途障害者の社会復帰までの過程について
(頚髄損傷者の場合)
重度身体障害者更生援護施設 むれやま荘:
中川 秀和
出野 津与志
地域型在宅介護支援センターの役割
-近江八幡市西生来町における介護予防事業の取り組みより-
近江八幡市在宅介護支援センターヴォーリズ:
加藤 和幸
岡山 かよ子
加藤 裕一郎
母子同室グループ面接による子育て支援の意義について 滋賀県中央子ども家庭相談センター: 小川 素子
清水 光弘
豊永 鳳枝
こころを磨く
-よりよい生き方を求め、実践する子どもを育む福祉教育-
能登川東小学校: 冨江 智代乃
号数(年度) 内   容
第7号
(2005年)

A4用紙
104頁
〔巻頭言〕
「社会福祉改革」雑感 龍谷大学: 清水 教恵
〔論文〕
重症児(者)福祉からみる生命(いのち)
-生命の根源を探り、糸賀福祉思想の新たな展開ヘ-
社会福祉法人びわこ学園 びわこ障害者支援センター:
遠藤 六朗
精神障害のある人たちに対する支援の視点
-小規模作業所における利用者主体と自己決定をめぐって-
龍谷大学大学院社会学研究科博士課程
(元精神障害者共同作業所職員)
山岡 由美
認知症高齢者の暮らしを支えるために
-ケアマネージャーができること-
栗東市在宅介護支援センター済生会 居宅介護支援事業所
山室 賀子
竹内 眞理子
船元 美穂
長谷川 敦
押田 節子
田淵 薫
社会福祉関連施設におけるスーパービジョンの実態と研究動向 滋賀文化短期大学: 吉弘 淳一
〔自由研究ノート〕
自治会におけるまちづくりの課題
-さくら福祉の会の地域福祉計画策定過程を通して-
龍谷大学大学院研究生: 船本 淑恵
介護保険サービス利用者のサービス評価について(その1) 立命館大学大学院: 加藤 大典
滋賀県介護福祉士会: 村田 美穂子
滋賀文化短期大学: 田中 和美
長嶺 共全
新川 泰弘
村西 美穂子
安田 誠人
田中 博一
生活の継続を支援するケアマネジメントの実践
-ケアマネージャーからソーシャルワーカーヘ-
特定非営利活動法人ゆうらいふ 指定居宅介護支援事業所
山田 登喜子
既存施設におけるADL別ケアの取り組みについて 特別養護老人ホーム淡海荘: 竹内 昌子
少子化対策及び子育て世帯への家族ケアと雇用支援に関する動向 滋賀文化短期大学:新川 泰弘
児童養護施設の直接処遇の向上をめざして
-データ書式統一の試み-
名古屋短期大学: 森本 美絵
大阪府立大学名誉教授: 野澤 正子
龍谷大学: 金子 龍太郎
中央子ども家庭相談センター: 近藤 道彦
彦根子ども家庭相談センター: 三谷 昭法
小鳩乳児院: 山本 朝美
小鳩の家: 日爪 泰子
湘南学園: 大久保 和久
塩見 哲史
守山学園: 西崎 等恵
鹿深の家: 大久保 文隆
淡海学園: 吉水 義孝
さざなみ学園: 猪飼 久雄
TEACCHプログラムによる施設と学校との支援の連携
-A君が安定した豊かな地域生活を送るために-
滋賀県立近江学園: 松本 浩子
知的障害のある被虐待児童への支援を振り返って
-知的障害児施設における被虐待児童への支援の展開と今後の課題-
滋賀県立近江学園: 鹿井 多恵子
〔私の提言〕
社会福祉士が教壇に立つ時
-受験対策講座に関する私論-
滋賀県社会福祉士会: 口村 淳
特別養護老人ホームにおける「行事」とは 特別養護老人ホーム淡海荘: 吉田 典夫
〔書評〕
熊木徹夫著「精神科医になるということ 呆け老人をかかえる家族の会滋賀県支部:田中 賢一
〔第22回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
言語療法の実際 むれやま荘の症例を通して 滋賀県立むれやま荘: 西川 ゆかり
三久保 学志
滋賀県立成人病センター: 鈴木 則夫
彦根市立病院: 中尾 明子
フットケアの取り組みについて 介護老人保健施設草津ケアセンター: 多田 佳世
曾我 和子
個別ケアを中心にした身体拘束廃止に向けての取り組み 特別養護老人ホーム坂田育成苑: 西山 悟子
山下 典枝
小倉 志帆
辻本 千里
原馬 良恵
田村 甲次
高橋 隆子
西堀 貴子
西山 裕典
塚越 美智子
自治会における子育てサークル支援の取り組みについて 前・西河原区長: 奥村 治男
重症心身障害児(者)の地域生活支援のあり方について
-彦愛犬地域Kさんの2年間のケアマネジメント支援からみえてきたこと-
びわこ障害者支援センター: 二宮 裕香
号数(年度) 内   容
第8号
(2006年)

A4用紙
104頁
〔巻頭言〕
滋賀県社会福祉学会について思う 滋賀県社会福祉協議会: 鎌田 昭二郎
〔講演録〕
糸賀思想と障害者自立支援法 国立社会保障・人口問題研究所: 京極 髙宣
〔論文〕
強度行動障害の原因と療育対応に関する研究 かいぜ寮: 石川 肇
異なる高齢者福祉施設利用者の骨密度と身体活動量 滋賀県立大学: 岡本 秀巳
長浜市立病院: 古株 陽子
〔自由研究ノート〕
重症児(者)福祉における実践の問題
-「この子らを世の光に」を西田哲学の行為的直観から考える-
びわこ学園びわこ障害者支援センター: 遠藤 六朗
守山市の福祉教育に関する児童・生徒の調査研究 滋賀大学: 黒田 学
守山市立教育研究所: 田村 裕子
高齢者の「自己決定」を引き出す援助に関する一考察 (有)さーくる まどかケア・プランニング:
熊野 泰子
話す・歌うが心をひらく
-高齢者のための福祉レク覚え書-
稲葉 光則
ホームレスの高齢化とその課題
-2004年滋賀県ホームレス実態調査から読みとれるもの-
田中 聡子
〔私の提言〕
地域福祉に貢献するコンビニエンスストアーの役割 湯澤 哲也
湯澤 香里
ボランティアとともに
-れんげはうすにおけるボランティアコーディネート事業の展開-
共同作業所れんげはうす: 田中 小百合
〔第23回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
生活の工夫
-むれやま荘における社会リハビリテーションの実践-
滋賀県立むれやま荘: 植田 仁
出野 津与志
坂本 ゆかり
唐崎学区における社会福祉施設等連絡協議会の
課題と展望
唐崎学区社会福祉施設等連絡協議会: 森川 孝子
石黒 賀津子
高齢者デイサービスにおける口腔ケアの取り組みと評価
<3年間のあゆみ>
ゆうらいふデイサービス: 奥野 登美子
歯科医師: 津曲 雅美
歯科衛生士: 小田 見也子
小林 邦子
「よかよか“おいで家(や)”」の取り組みから 湖南市社会福祉協議会: 冨田 和雄
NPOワイワイあぼしクラブ: 碓井 菜津恵
A児童養護施設におけるセカンドステップの取り組み 児童養護施設湘南学園: 中井 由佳子
山上 雅子
中澤 美智子
〔書評〕
滋賀県社会福祉協議会編
『みんなちがってみな同じ~社会福祉の礎を築いた人たち』
厚生労働審議官: 辻 哲夫
〈滋賀県社会福祉協議会調査報告〉
地域福祉権利擁護事業が利用者の生活に及ぼす支援効果に関する状況調査
号数(年度) 内   容
第9号
(2007年)

A4用紙
122頁
〔巻頭言〕
ICFの概念と社会リハビリテーション 滋賀県むれやま荘: 島田 司巳
〔寄稿論文〕
セーフティネットの危機 龍谷大学: 大友 信勝
〔論文〕
高齢長期入院者の退院に向けての家族支援システムの必要性 済生会滋賀県病院: 清水 房江
地域高齢者の骨粗髭症予防に関する健康意識・行動変容に及ぼす栄養教育の効果 滋賀県立大学: 岡本 秀己
重症心身障害児・者の栄養アセスメント
-エネルギー消費量とエネルギー摂取量の実態-
滋賀県立大学大学院: 青山 妙子
〔自由研究ノート〕
小学校における福祉学習プログラムの構築Ⅰ(私論)
-福祉学習に対する再認識と意識拡大の必要性-
甲賀市立水口小学校: 山口 雅章
認知症高齢者の「自己決定」を引き出す援助について
-Ⅰさんの事例を通して-
(有)さ-くる まどかケア・プランニング:
熊野 泰子
乳幼児期から児童福祉施設で育った児童への支援 近江学園: 西澤 徹
他害行為のある自閉症児Aさんの支援について 近江学園: 長谷部 望
居住型児童福祉施設の記録様式の標準化に対する評価
-直接処遇職員へのアンケート結果から-
名古屋短期大学: 森本 美絵
私たちの地域活動
-NPOはじめて委員会の活動をとおして-
滋賀県立大学: 古川 洋子
地域高齢者福祉における介護支援専門員の役割意識について 羽衣国際大学: 廣橋 容子
〔私の提言〕
ドラマから見る、社会福祉援助技術についての一考察 信楽通勤寮: 田中 直子
障害者・高齢者にとって住みよい町づくりとは 滋賀県立守山養護学校: 藤方 公
在宅介護にみる家族という関係の困難と希望 認知症の人と家族の会滋賀県支部: 田中 健一
〔第20回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
高齢者の状態維持・改善のためにケアマネージャーができること
-要支援・要介護1認定者の支援を通して-
栗東市在宅介護支援センター済生会 居宅介護支援事業所: 船元 美穂
ヘルパーによる在宅ALS患者に対するたんの吸引 びわこ学園: 甲賀 緑
試験的個別プログラム -人間関係トレーニング- さざなみ学園: 若林 亮
甲賀市社協が取り組む福祉教育の課題と展望 甲賀市社会福祉協議会: 本馬 よう子
医療福祉分野におけるソーシャルワーカーの役割に関する一考察
-法人内ソーシャルワーカーの業務統計分析を通して-
医療法人友仁会 彦根市在宅介護支援センターゆうじん: 西村 りう子
〔滋賀県社会福祉協議会調査報告〕
学校における福祉教育(福祉活動)の取り組みに関する調査
〔資料〕
平成18年の社会福祉に関係する主な動き/滋賀県社会福祉学会開催一覧
滋賀社会福祉研究投稿要領/「滋賀社会福祉研究」編集要綱
号数(年度) 内   容
第10号
(2008年)

A4用紙
178頁
〔巻頭言〕
「老い」断章-老而不死 滋賀県社会福祉協議会: 鎌田 昭二郎
〔メッセージ〕
滋賀の社会福祉の発展を願って 前厚生労働事務次官: 辻 哲夫
〔滋賀社会福祉研究第10号発行記念企画〕
この25年の滋賀の社会福祉を振り返る
-新たな創造に向けて-
滋賀県社会福祉事業団: 北岡 賢剛
特定非営利活動法人しみんふくし滋賀:成瀬 和子
特別養護老人ホームあやめの里: 石井 綾子
本福寺保育園: 三上 智代
滋賀県社会福祉協議会: 嶋川 尚
〔論文〕
ホームレスに対する居住の保障
-住宅政策からの一考察-
龍谷大学大学院: 田中 聡子
重症心身障害児・者の栄養アセスメント
-骨密度と栄養-
滋賀県立大学大学院: 青山 妙子
〔自由研究ノート〕
保健医療分野におけるソーシャルワーカーの役割再考
-Aさんの支援の振り返りから-
長浜赤十字病院: 西村 りう子
小学校における福祉学習プログラムの構築Ⅱ(私論)
-福祉的視点に立つ指導の有効性-
甲賀市立水口小学校: 山口 雅章
夜間保育所における現状と課題について
-A県A夜間保育所のアンケート調査を通して-
福井県立大学: 大西 梨永
吉弘 淳一
障害児の放課後・長期休暇保障の実態とその課題
-「障害児の放課後保障・余暇保障に関するアンケート調査」の結果分析と報告-
滋賀県立草津養護学校: 岡田 徹也
滋賀大学: 黒田 学
近江学園における知的障害と発達障害を併せ持つ人たちへの取り組みと課題 滋賀県立近江学園: 森本 創
子どもの福祉から見る改正少年法
-滋賀県淡海学園元園長 小嶋直太郎氏の教育権保障に関する提案をもとに-
龍谷大学社会学部実習助手: 木村 綾
「子どもの権利ノート」を配付する意義
-配付1年を経過してのアンケート結果から-
京都橘大学: 森本 美絵
虚弱高齢者のサクセスフル・エイジングについて
~ジェロトランセンデンス研究の動向~
華頂社会福祉専門学校: 佃 亜樹
介護福祉実習教育における実習指導の現状と教育課題
~現場実習指導者の指導振返りからの検討~
滋賀文化短期大学: 村西 美恵子
〔私の提言〕
福祉を重点とした地域課題解決に向けて、
駅前大型店のなし得ること
株式会社平和堂SC事業部: 渡辺 了
株式会社平和堂日野店次長: 川瀬 雅数
認知症研修会で学び分かったこと
-高齢者に必要な意欲ある自立生活-
民生委員児童委員: 高島 源之助
人として何歳になってもいきいき生きてゆける
サポートを考える
特定非営利活動法人認知症を学び介護する会ほほえみ: 山本 眞喜
福祉レク・ワーカーに伝えたいこと 高齢者のための福祉レク覚え書・2 稲葉 光則
〔書評〕
くさか里樹著『ヘルプマン!』 いきいきサロン「おたっしゃ倶楽部」: 稲葉 光太郎
〔本の紹介〕
『滋賀の福祉を考える―歴史と実践のなかから』 滋賀県障害者自立支援課: 清水 正博
〔第25回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
デイサービスセンターにおける口腔機能向上メニューへの取り組み 医療法人白櫻会 小金澤歯科診療所:小金澤 一美
地域から期待される訪問看護ステーション併設による療養通所介護事業の取り組み
-療養通所介護事業所における療養通所及び医療多機能サービスの現状-
滋賀県済生会訪問看護ステーション: 南 千佳子
運転適性検査装置の高次脳機能障害への応用
-ADLに与える効果-
身体障害者更生施設むれやま荘: 植田 仁美
老いも若きも語ろうや 真盛園地域交流センター: 西村 茉沙子
Aさんの想い、そして笑顔を求めて 特別養護老人ホームせせらぎ苑: 山中 美紀江
〔滋賀県社会福祉協議会調査報告〕
家庭内における障害者虐待に関する事例調査
〔資料〕
平成19年の社会福祉に関係する主な動き
滋賀県社会福祉学会の開催状況(第1回~第25回)
「滋賀社会福祉研究」創刊号~第9号 掲載論文等一覧
「滋賀社会福祉研究」投稿要領
「滋賀社会福祉研究」編集要綱
号数(年度) 内   容
第11号
(2009年)

A4用紙
68頁
〔巻頭言〕
介護の心 -介護職の倫理と専門性- 滋賀県介護福祉士会 会長: 村田 美穂子
〔論文〕
福祉人材の課題と展望 -介護人材を中心に- 滋賀文化短期大学 教授: 田中 博一
〔第26回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
認知症高齢者における、活動アセスメント方法に
ついての一考察
老人保健施設 坂田メディケアセンター: 坂東 裕一
失語症会におけるコミュニケーションノート利用の問題点 滋賀県立むれやま荘: 佐野 有加里
施設に入所する子どもたちの権利を擁護するために
-「権利ノート」を柱とした「施設のしおり(サブノート)作り」その活動報告-
滋賀県児童養護施設協議会 調査研究部会:
春田 真樹
児童・生徒の「自発性」、当事者の「主体性」、地域の「参加性」を高める
福祉教育・ボランティア学習の実践に向けて
高島市社会福祉協議会: 井岡 仁志
ソーシャルインクルージョンへの取り組みの現状と課題
-社会的孤立の要因からの一考察-
龍谷大学院社会学研究科博士後期課程: 田中 聡子
〔資料〕
滋賀県社会福祉協議会調査報告
 子育ての知恵を伝える関係性の再構築
 -高齢者が地域の子育てにおいて活躍できる環境整備についての実践研究-

2008年の社会福祉の動き
号数(年度) 内   容
第12号
(2010年)

A4用紙
76頁
〔巻頭言〕
介護保険妄語 NPO法人あさがお 理事長: 鎌田 昭二郎
〔長尾寿賀夫先生を偲ぶ〕
長尾寿賀夫先生を偲ぶ 滋賀県社会福祉協議会 会長: 嶋川 尚
忘れえぬことなど 風の子の25年におもう
住民参加による子育て支援を考える
長尾 寿賀夫
〔論文〕
障害者自立支援法施行後における現状と課題について 滋賀県障害者自立支援協議会 事務局長:
中島 秀夫
〔第27回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
併設型ショートステイにおける相談員業務の特徴
-諸記録の内容分析を通して-
特別養護老人ホーム淡海荘: 口村 淳
認知症高齢者にとっての人形の意味と適合素材等に関する研究 滋賀県立大学人間看護学部: 畑野 相子
障害者支援施設におけるパソコン訓練の取り組みについて 身体障害者自立支援施設 滋賀県立むれやま荘:
田辺 陽子
重度身体障害者A氏のニーズに対しての取り組み 滋賀県立日野渓園: 久保田 美紀
ハートバリアフリーへの挑戦 鹿深車イスDE ウォーキング実行委員会:
岡添 克子
〔資料〕
滋賀県社会福祉協議会調査研究報告
 生活課題を抱える外国人労働者家族を地域で受け止め、支える仕組みに関する調査研究

平成21(2009)年の社会福祉に関係する主な動き
号数(年度) 内   容
第13号
(2011年)

A4用紙
66頁
〔巻頭言〕
介護保険改正に思う 滋賀県老人福祉施設協議会 会長: 前阪 良憲
〔鎌田昭二郎先生を偲ぶ〕
滋賀県在宅保健師の会「湖都の会」 会長: 千葉 文子
〔論文〕
障害者福祉の今と昔を考える 毎日新聞社 論説委員: 野澤 和弘
田村一二の福祉思想の今日的意義と課題
~福祉思想から社会福祉実践へ~
びわこ学院大学 教育福祉学部 教授: 平尾 良治
〔第28回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
Aさんが主体的な生活をおくり笑顔を取り戻した理由とは
~グループホームで去年、骨折して車椅子での生活からウォーカーを使って自由に生活するまでを振り返って~
グループホームせせらぎ: 坪川 拓己
池ノ内 倫子
甲賀健康福祉事務所(甲賀保健所)における、ひきこもり対策・思春期精神保健対策のまとめと今後の展望 滋賀県甲賀健康福祉事務所: 藤田 京子
地域力を生かす子育ての“わ”づくり研究事業 滋賀子育てネットワーク: 鹿田 由香
限界集落におけるワークキャンプ実践 長浜市社会福祉協議会 余呉支所: 武友 咲子
三段崎 静子
自分たちの職場を『かえよう作ろうプロジェクト(かえつくP)』の実践 けあ処ガル: 坂本 彩
〔資料〕
平成22(2010)年の社会福祉に関する主な動き
号数(年度) 内   容
第14号
(2012年)

A4用紙
189頁
〔巻頭言〕
社会の福祉化・福祉の社会化 一般社団法人滋賀県保育協議会 副会長: 塚本 秀一
〔特別寄稿〕
地域福祉の姿を求めて
~滋賀県勤務に始まるこの30年の経験を振り返って~
東京大学高齢社会総合研究機構 教授:
辻 哲夫
〔第29回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
生活史を踏まえた看取り介護をめざして
~ケアワーカーの立場から見る看取り介護~
特別養護老人ホーム淡海荘: 今井 朝子
経口移行への挑戦  ~Aさんらしさを取り戻そう~ 特別養護老人ホーム清風荘: 松宮 真輝
佐々木 英子
犯罪にかかわる知的障がい者への地域支援について
~大津版ハンドブック作成とその後の取り組み~
大津高齢者・障がい者の権利擁護研究会・京都ノートルダム女子大学: 酒井 久美子
長時間保育・集団生活を活かした保育の実践
~新保育所保育指針改訂と保育の家しょうなんの取り組み~
保育の家しょうなん: 塩見 奈々子
氏原 さやか
こどもと一緒におとなも集う『彦根プレーパークの会』10年間の活動実践報告 彦根プレーパークの会: 猪飼 理恵
中村 信子
白市 仁志
猪飼 久雄
ぼんなりの郷 福堂
~ふるさと絵屏風で深める地域の福祉~
東近江市社会福祉協議会 能登川支所:田中 光一
滋賀県立大学 研究員:上田 洋平
滋賀県立大学 大学院生: 山形 蓮
〔資料〕
平成23(2011)年の社会福祉に関する主な動き
〔記念資料〕
滋賀県社会福祉学会の30年  ~滋賀県における社会福祉実践研究活動の軌跡~
号数(年度) 内   容
第15号
(2013年)

A4用紙
60頁
〔巻頭言〕
真の地域包括ケアシステムの構築を目指して 滋賀県介護支援専門員連絡協議会 会長: 今井 悟
〔論文〕
共に生きる街への挑戦
~先人達の思想に学んで42年~
株式会社なんてん協働サービス 取締役会長:
溝口 弘
いろいろあっても歩き続ける
~「自覚者は責任者である」という言葉とともに~
社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団 理事長:
北岡 賢剛
〔第30回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
脳梗塞後遺症で自発性・意欲の低下がみられるA氏への音楽療法の効果 坂田メディケアセンター: 高橋 知恵
坂田メディケアセンター・滋賀大学大学院教育学研究科: 辻 利美子
重い障がいがあっても地域でその人らしい生活を送ることの大切さと必要な支援 東近江重症心身障害者通園くすのき: 吉田 晃
小林 千鶴
岡元 智行
二宮 裕香
滋賀県児童養護系施設「実践的ケア」を完成して
~活用に向けての取り組み~
滋賀県児童入所施設協議会「調査研究部会」:
神能 由佳
子どもが遊べる地域づくり 八日市に冒険遊び場をつくる会: 村山 弘晃
廣田 喜紀
藤澤 彰祐
医療ソーシャルワーカーの業務実態と課題
~滋賀県内のソーシャルワーカーへのアンケート調査を通して~
滋賀県医療ソーシャルワーカー協会: 西村 りう子
〔研究ノート〕
医療的管理の必要な方の受け入れ、そして看取りへ 特別養護老人ホームせせらぎ苑: 清水 富子
増澤 典子
〔資料〕
平成24(2012)年の社会福祉に関する主な動き
号数(年度) 内   容
第16号
(2014年)

A4用紙
69頁
〔巻頭言〕
子ども達の暮らしと育ちの支援 滋賀県児童成人福祉施設協議会 前会長: 辻 亨
〔論文〕
糸賀一雄の思想と「今日の福祉」 びわこ学園医療福祉センター草津: 髙谷 清
生活困窮者問題へどう取組むか
 ~地域福祉での課題~
龍谷大学社会学部 教授: 長上 深雪
〔第31回滋賀県社会福祉学会奨励賞レポート〕
認知症高齢者の排泄へのアプローチについて 社会福祉法人甲南会 グループホームせせらぎ:
坪川 拓己
ひきこもり者の気持ちの変遷とグループ参加の意味
~当事者の語りから~
滋賀県立精神保健福祉センター: 勝部 さとみ
大橋 沙也佳
高木 久美子
藤支 有理
 熊越 祐子
辻本 哲士
高齢者ボランティア活動の継続に必要な要因分析と支援策の検討
~高齢期に必要なヘルスプロモーションへの展開~
甲賀市役所 長寿福祉課: 竜王 真紀
エンデイングノートを活用した地域福祉活動のすすめ
~豊かな高齢期を迎えるために~
甲賀市社会福祉協議会: 大谷 喜久
吉崎 佳奈
2012年8月集中豪雨被災経験をいかした災害時の地域事業者間ネットワークの構築について 医療法人白櫻会小金沢歯科診療所: 小金澤 一美
社会福祉法人大石福祉会リバプール: 堤 英幸
有限会社ハートウォーミングケアめろん大津: 富岡 秀充
医療法人白櫻会小金沢歯科診療所: 小金澤 明雄
医療法人白櫻会小金沢歯科診療所: 渕側 良太
〔第31回滋賀県社会福祉学会未来賞レポート〕
幼児の衣服について
~オシャレで実用性な服の提案・製作~
滋賀県立甲南高等学校 卒業生: 池長 理沙
石岡 春菜
地域の方々に支えられて 滋賀県立八幡高等学校 卒業生: 水本 有紀
大野 奈緒
滋賀県立彦根東高等学校新聞部・連載「福島をつなぐ」 滋賀県立彦根東高等学校 卒業生: 小島 眞司
〔研究ノート〕
入所施設における知的障害者高齢化の課題
~3自治体アンケート結果の分析を中心に~
京都文教短期大学: 石野 美也子
張 貞京
滋賀県の地域小規模児童擁護施設の現状と職員支援の課題
~養育職員へのインタビューをもとに~
京都橘大学: 森本 美絵
〔資料〕
平成25(2013)年の社会福祉に関する主な動き